江戸前海苔パウダー運営委員会

江戸前海苔パウダー運営委員会

木更津市は日本有数の海苔生産地として知られ、明治時代から商業的に海苔養殖に取り組んできた歴史を持ちます。海苔はこれまで、日本の食生活に根づいてきましたが、食生活の変化から、現在、海苔の最も多い消費量はコンビニの「おにぎり」となっています。

そこで新たなカタチで、より多くの人に老若男女問わず、日々の食卓で美味しく楽しく「海苔」を食していただきたいという想いから「江戸前海苔パウダー」を開発しました。
日本の伝統「食」である海苔をパウダー状にした「江戸前海苔パウダー」が新たな「食」のカタチとなって、みなさまの日々の食卓で楽しんでいただけることを願い活動しています。

江戸前海苔パウダー支援事業

  • ジェトロ
  • 木更津市協働のまちづくり活動支援事業
  • 千葉農商工連携事業
  • 食のちばの逸品